株式会社GTM

brand

OFFICINE CREATIVE ロゴ

OFFICINE CREATIVE

デュカ・デル・ノルド社は1968年に設立され、Wovenレザーや Meshレザーを使用した靴とサンダルを生産し、その高い技術力により急速に大きな工場の一つとなりました。
1995年に新しいブランド、オフィチーネ クリエイティブを立ち上げ、デザイナー ロベルト・ディ・ローザによるハイクオリティなコレクションを作り上げています。
常に新しいデザインにチャレンジしているロベルト氏は、靴を洗いにかけて仕上げ「Washed」コレクションを世に広めました。
「Washed」コレクションは洗いをかけた後に木型に入れ、乾燥してから一足一足ブラッシングすることによってビンテージシューズのような特別な一足に仕上がります。
ブラックラピド製法やグッドイヤーウェルト製法を駆使したコレクションは、靴の聖地、イタリア モンテグラナーロでもトップクラスのファクトリーとして名を馳せています。

GEORGE COX ロゴ

GEORGE COX

ジョージコックス社は ジョージ・ジェイムス・コックス氏の手により、 1906年にロンドン郊外のノーサンプトンシャーに設立されました。
「グッドイヤー・ウエルト製法」とジョージコックス社が開発した独自のウェルト製法により、 イギリス国内のシューズ市場において高い評価を得ています。
また、多くのデザイナーもジョージコックス愛用しており、ジョンムーア、ヴィヴィアンウェストウッド、 キャサリンハムレット、ヨージヤマモトなどとのコラボレーションも行っています。
現社長のアダム・ウォーターフィールド氏は、「現在でも伝統を忘れることなく頑固なまでの厳しい生産基準を守ってシューズを作り続け、 顧客の要望に対して、十分に応えること」が長年にわたりジョージコックスブランドが愛されている由縁であると言います。

CallagHan ロゴ

CallagHan

カラハンは1968年、スペインのワイン名産地「リオハ」に創業しました。
当時は、手作業で縫製した高品質防水レザーのハンティングブーツでビジネスを拡大させ、1987年にCallagHanブランドが誕生し、進化を加速させます。
常に新しい技術の研究と発見を繰り返し、独自の戦略で開発した長距離歩行のための技術「アダプタクション・テクノロジー®」で2004年に国際特許を取得しました。
アダプタクション・テクノロジー®は「足に順応する靴」を目的に製造され、これまでにない未体験の履き心地を提供できるように設計されています。
ビジネスシーンからアウトドアまで、1足であらゆる状況にお応えできる魅力を備えています。

ISLAND SLIPPER ロゴ

ISLAND SLIPPER 商品一覧

1946年の創業以来ハワイオアフ島で生産されている<アイランド・スリッパ>
その歴史は、ハワイへ移住した日本人、本永武蔵がサンダルの原型を作り、息子のエドワード・モトナガ氏によって工場化され発展してきたサンダル会社です。
1986年にはモトナガ氏から、ジョン・カーペンター氏(現社長)に引き継がれ、「アイランド・スリッパ」のブランドは世界的サンダルメーカーとして大きく成長しました。

創業当時からの「デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー」という理念は現在も変ることなく、製品はすべて「メイド イン ハワイ」。
ハワイの伝統的なプリント生地やアメリカ本土の厳選された革素材をつかって、パールシティーの自社工場で<アイランド・スリッパ>がつくられています。
工場には精密機械というのはほとんどなく、いわゆる重機というのも見当たりません。職人たちが1からすべて手でサンダルを作り上げていくのですが、その様子は50年前に撮られた写真とまったくと言っていいほど変らないのです。

熟練した職人によって一足一足手で作り上げられた製品は、職人とそれを見守る社長のジョン&デイジー夫妻の愛情に満ちています。
そんな愛情と手作りの温かさが込められた<アイランド・スリッパ>は単に海で履くビーチサンダルとは大きく趣を異にします。

Pertini ロゴ

Pertini

1980年スペイン東部の靴工場地帯、バレンシア州アリカンテにて創業。Pertiniは、色褪せないスタンダードを作る一方で、時流の変化を反映したコンテンポラリーラインを常に発表してきました。高品質でクラシックなパターンに、アッパーのデザイン性、魅力的なカラーコンビネーション、靴紐、手作りの素材、遊び心のあるボリューム感、そういった独特の創造性を加えることで、洗練された新しい時代の一足を生み出しています。

CROWN ロゴ

CROWN 商品一覧

靴の聖地として有名である、イギリス・ノーザンプトンで1984年にダンスシューズメーカーとして誕生した「CROWN」。
その名の通りインソールに王冠をマークを掲げトップクラスのダンスシューズとして人気を得ています。
近年、日本でも定番となったジャズシューズ。元はファッションではなく英国の社交ダンスや国際ダンス選手権などで選手達が履く練習用シューズがルーツ。
2012年に日本に上陸した後絶大なる人気をほこり現在ではワードローブに欠かせないアイテムの一つとなりました。
JAZZ SHOESの人気は留まることを知らず、他ブランドからのリリースも多くありますがこの本格的なクオリティとリーズナブルな価格のバランスは「CROWN」だけがなし得るコストパフォーマンスです。

G.H.BASS ロゴ

G.H.BASS 商品一覧

1876年George Henry Bass氏により米国で創業された老舗のシューズブランド「G.H.BASS」は世界で始めてローファーを作った会社として有名です。
元々ノルウェーの木こり達が履いていた靴を基に作られたため、「ノルウェーの」という意味の「WEEJUNS(ウィージャンズ)」という商品名で発売されました。
履き口が広く、紐もなく、着脱が簡単なことから、怠け者という意味でローファーと呼ばれた靴は、アイビーに必須なアイテムとして高い認知を受けています。

ROYAL Burnish ロゴ

ROYAL Burnish 商品一覧

私たちが考えたのは、気を張ることなく着られて、日常生活にとけこむ洋服づくりです。
「気心地」「気軽さ」を兼ね備えつつ「磨かれた」「洗練された」雰囲気あるリアル・クローズです。
「ROYAL Burnish」は素材、デザイン、パターン共に型にはまらない「気分の良さ」を追及しました。
すべての女性へ「洋服」の提案ではなく「着る楽しさ」を提案いたします。

ロイヤルバーニッシュのオリジナルパンプスでは、リラックスして履ける「心地の良さ」をテーマに、素材や型にこだわり、時代や流行に左右されないシンプルなデザインで幅広いシチュエーションにマッチしたモデルとなります。

JALAN SRIWIJAYA ロゴ

JALAN SRIWIJAYA 商品一覧

もともとインドネシアで設立されたJALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)。2代目のオーナーであるMr.Ruddi Suparman(ルディ・スパーマン)が靴の聖地であるイギリスへ修業に行き、その後皮革生産の最高峰、フランスを経由し帰国。そして自身で培った経験と人脈を活用し、自社工場を改革、そして現在に至ります。

JALAN SRIWIJAYAは、「ハンドウェルテッド・グッドイヤー製法」(出し縫いのみマシンメイドによる「九分仕立て」とも言います)です。そのためフレキシブルでしなやかな履き心地が得られます。コルク材もつま先から踵までしっかり敷きつめ、さらに中敷き裏にラテックススポンジを入れることにより、極めてソフトな履き心地が味わえます。アッパーには、フランス・デュプイ社やアノネイ社のトップグレードカーフを使用し、底材にはベルギー・マシュア社のレザーを使用しています。

細かなディテールにも高級靴にしか見られない丁寧な仕上げが随所に見られるなど、物作りに対するこだわりと姿勢は、世界のトップブランドにも全く引けを取りません。その実力は、すでに某イタリア高級ブランドのOEMを手掛けている事でも実証済みです。


to PageTop