ローファーを生み出したブランドとして知られるG.H.BASS (ジーエイチバス)。
一口にローファーと言っても、様々なデザインとバリエーションが存在します。
そこでその豊富なラインナップの中から、ブランドを代表するアイコン的モデルと定番人気商品をMEN・WOMENそれぞれにご紹介させていただきます。
- MEN -

LARSON

<LARSON (ラーソン)>はブランドのアイコン的モデルの1つです。
サドル (甲部分のあて革)の両端を巻き留めたような仕様は「ビーフロール」と呼ばれる意匠で、アメリカントラッドを体現するようなデザイン。
そのボリューム感からカジュアル度が強まります。

ラーソンには素材やソールによってさまざまなバリエーションがあります。
最もポピュラーなのが、ハイシャインレザーのアッパーにレザーソールを採用した11010Hです。
一体成型のラバーソールを用いた11711Dも人気の高いモデル。
王道のデザインとして、最初の一足にもオススメです。

■11010H LARSON (LEATHER SOLE) / ¥29,700 (税込)
■11711D LARSON (RUBBER SOLE) / ¥23,100 (税込)

<LARSON>バリエーション一覧へ

LOGAN

<LOGAN (ローガン)>はラーソンと並んでブランドアイコンに位置づけされるモデル。
サドル (甲部分のあて革)の両端がモカシン部分にかぶさるように縫い留められており、ビーフロールと比べると印象がガラリと変わってコンパクトかつエレガントな佇まいです。

限りなくシンプルなデザインが、落ち着いた雰囲気を演出。
クセがないのでキレイめなコーディネートにも合わせやすく、使い勝手が抜群なアイテムです。

■11035H LOGAN (LEATHER SOLE) / ¥29,700 (税込)

<LOGAN>バリエーション一覧へ
- WOMEN -

41010 & 41710D

こちらの2モデルはいずれも「ビーフロール」というディテールを採用した、まさに王道のローファー。
「ビーフロール」はサドル (甲部分のあて革)の両端を巻き留めたようなデザイン。
メンズのラーソンによりもボリュームを抑えているので、カジュアルになり過ぎずキレイめな印象です。

二つのモデルの違いはソール部分。
41010はレザーソールを採用した本格仕様で、通気性に優れる点や修理などで長く愛用することが可能。
41710Dは一体成型のラバーソールを用いており、修理には不向きなものの、使いやすくエントリーモデルとしてもオススメ。

コーデに合わせやすいオーソドックスなデザインで、一足は持っていたいアイテムです。

■41010 (LEATHER SOLE) / ¥26,400 (税込)
■41710D (RUBBER SOLE) / ¥22,000 (税込)

バリエーション一覧へ

ESTHER

<ESTHER (エスター)>はクラシカルな印象のキルトタッセルローファー。
キルトタッセルローファーはその名の通り、キルティタン(飾り革)とタッセル(房飾り)をあしらったデザインです。
デコラティブなディテールが存在感のある足元を演出し、マニッシュにもガーリーにも合わせられる一足。
カジュアルさとエレガントさの絶妙なバランスも魅力です。

■41020 ESTHER (LEATHER SOLE) / ¥26,400 (税込)

<ESTHER>バリエーション一覧へ

Recently viewed